お客さまの心を開くちょっとした仕掛け

お客さまの心を ひらく仕掛け

駅からの帰り道にある八百屋さんで、割れた無花果を5個150円で買ってきました。

たぶん晴天続きの後に来た一昨日の雨で急激に水分を吸って、膨れ上がって割れてしまったのでしょう。

一口食べると水っぽく、あまり甘味が感じられなかったので
果物酢にすることにしました。

無花果って、漬けるととてもキレイなピンク色になってウキウキします。
出来上がるのが楽しみ。

無花果酢

日本人は特に、季節感のあるものに心が動かされやすいところがあります。

ちょうど今の9月で言えば、

無花果やぶどう、
中秋の名月、すすきとおだんご、
お彼岸、彼岸花とおはぎ、
風に揺れるコスモス、
金木製の香りも秋の始まりを思わせて、何となく心がきゅっとしたりウキウキしたりします。

無花果酢

サービスの中にちょっと季節感を取り入れただけでも、
気の利いたおもてなしを受けているような気分になります。

昔の人が着物の柄に季節を取り入れたように、
お店の一角でも、
チラシの端っこでも、
ブログの1記事でも、
さりげなく季節を取り入れることは、
お客さまの心が開くきっかけになる仕掛けです。

とはいっても、いかにもシーズンセールみたいな風に
あからさまで無粋な取り入れ方にならないよう、気をつけてくださいね。

こちらの記事も読まれています

  1. 独立起業してから売れてる人と売れてない人の違い

  2. 〇〇がないから売れてないのかも?

  3. 集客の効果が高い発信のコツ

  4. LINEのトークメッセージの内容をメールで送る方法

  5. 〇〇〇、持ってますか?

    あなたのファンを作りたいなら〇〇〇を持とう

  6. 怪しい起業・集客系セミナーを見分ける3つのポイント