WEBまねきねこ

ホームページをどうすればいいのか分からない中小零細企業のサイト運営を応援するブログ。中小企業診断士に挑戦中3週目。

サイト改善

どうしたらいいのか分からないサイトを改善するための8つの質問

投稿日:2014年6月26日 更新日:

質問ありげなキリン

自社で一応ホームページを作ったのはいいものの、お問い合わせも来ないし商品も売れないし、何とかしなくちゃいけない。
それはわかっているんだけど、いったいどこをどうすればいいのか全く分からない、ということってありますよね。

まず何から手を付ければいいのか

さあ、サイトを改善しよう!と意気込んだのはいいものの、一体何から変えればいいのでしょう。
デザイン?レイアウト?写真を入れ替えてみましょうか。イイカンジに仕上がるでしょうか?

おそらくそんな事ではないはずです。どうもパッとしない状態であるならば、まずは

■何を置いても現状把握

だと思います。

「そんなの、現状くらい分かってる。ウチのは箸にも棒にもかからないホームページですよ。」

そう思うオーナーさん、担当者さんもいらっしゃるでしょうね。

本当に?

本当にダメなところしかないホームページでしょうか。じゃあ、どこをどうすれば?
それを理解するのが現状把握です。現状分析と言ってもいいでしょう。
ではどんな方法で分析していったらいいのでしょうか。

自社の特徴とウェブサイトの内容を確かめる8つの質問

まずは、自社のホームページをじっくり眺めてみて下さい。

「そんなの、今までにも何回も見ているから今更見たって何も新しい発見なんかないよー」

と、思うかもしれませんが、そう仰らずにできるだけ全部のページを行き来してみて下さい。
そしてじっくり眺めたあとで次の質問に答えてみて下さい。

 

1.貴社が最も売りたいと思っている商品(サービス)はなんでしょうか。

2.貴社の商品(サービス)の一番の売り・強みはなんでしょうか。

3.貴社の商品(サービス)において、絶対に競合他社に負けないところはどこでしょうか。

4.貴社の商品(サービス)を一番買ってほしい(使ってほしい)人はどんな人ですか?

5.あなたのサイトで最もアピールしている商品(サービス)は何でしょうか。

6.あなたのサイトで商品(サービス)について最もアピールしている特徴は何でしょうか。

7.あなたのサイトで、最もアピールされていることがらは何でしょうか。

8.あなたのサイトを見て、グッとくるだろうと想像できる人はどのような人でしょうか。

 

自社の特徴とウェブサイトの内容は一致していなければならない

もうお分かりの事とは思いますが、自社の特徴とウェブサイトの内容は一致していなくてはいけません。

1の答え=5の答え
2の答え=6の答え
3の答え=7の答え
4の答え=8の答え

となっているのが理想です。

しかし、

「どこにも負けない親切丁寧なサービスが売り」の会社のホームページのトップページで、一生懸命安売りをアピールしていることがあります。

「安さではどの競合にも負けない!」のなら安さをアピールするべきでしょう。

しかし、「親切サービス」が売りなのであれば、どれほど親切サービスなのかをアピールしなくてはいけないのです。

あたりまえのようなこの基本を、ホームページを作る時にはなぜか忘れてしまっているような企業さんがたくさんいらっしゃいます。

どこにも負けないほどの売り(強み)

どの競合にも負けない!と言い切るのはよほどの勇気がいりますね。
それに、どこにも負けないほどの売り、と言われても「うちの会社はそれほど大したものでもないんだよ・・・」と謙遜なのか本気なのか分からない弱気なことをおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

本当にそうでしょうか。

もし、よくある業態の企業だったとしても、何らかの強みというのは必ずあるのではないかと思います。多くの切り口で自社をしっかり見つめ直し、自社の強みを明らかにすることが、すべての始まりとなります。

強みを発見する切り口は様々です。商品だけをとっても、利便性、耐久性、希少性、コストなどの切り口が考えられますし、技術力や流通、流行、普遍性が強みになることもあるでしょう。

親切丁寧が売りになることもあれば、とにかくスピーディ、ということが売りになることもあり、一度にたくさんの商品を扱えるということが売りの場合もあります。

日々の業務で接しているせいもあってあたりまえに感じられていることが、他から見れば素晴らしい強みだということもあります。

 

とにかく強みをアピールしてほしい

話を戻しましょう。

あなたの管理するホームページがどうもパッとしないと感じているとしたら、あなたの会社の強みは反映されていないのではないですか?
トップページを見たときに、「ああ、この会社はこれに自信があるんだな」と感じることが出来るでしょうか。

正直なところを言えば、会社の魅力がしっかりと伝えられていれば、デザインなんてイマイチでも大丈夫な場合が多いです。
今まで使ったことのあるウェブショップやサービスのデザインがすべて素敵だったとはかぎらないのではありませんか?

ですから、まずやらなくてはいけないことは、あなたの会社の魅力を訴えること

是非、自社の強みをしっかりとアピールし、魅力的なウェブサイトに変えていってくださいね。

-サイト改善
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PDCAを回す

みんなPDCAって回せてるの?

年度末までにとても手におえないほどの仕事を抱えている、ぼっちインハウスWEB担のまねきねこです。 素朴な疑問というか愚痴というか。 よくいろんな偉い人がMUSTな手法として「PDCAを回していく」とか …