WEBまねきねこ

ホームページをどうすればいいのか分からない中小零細企業のサイト運営を応援するブログ。中小企業診断士に挑戦中3週目。

SEO ブログの書き方

【企業ブログの書き方 第3回】自分で出来るSEO・重要な3つの施策

投稿日:2015年7月23日 更新日:

前回は、【企業ブログの書き方 第2回】検索エンジンとSEOを知っておく(超初心者向け)という記事を書きました。

今回はその続きです。いきなり企業のブログ担当に抜擢されてしまった、超初心者ホームページ&ブログ担当さんのために、自分で出来る施策を3つお伝えしようと思います。(あんまりたくさんだとウンザリしますからね)

※SEOの専門家の方には何のお役にも立たないと思いますのでスルー推奨です。無駄なお時間は使われませんように。

 

自分で出来るgoogleの判断基準に合わせた重要な3つの施策

Googleは、SEO(検索エンジン最適化)について、分かりやすい指針の載ったPDFを用意しています。

検索エンジン最適化スターターガイド

Google検索エンジン最適化スターターガイド

非常にかみ砕かれていて分かりやすく、SEOといえばこの内容に尽きるといえます。
平たく言えば、とにかく「ユーザーにとって役に立つ、ユーザーにとって使いやすいサイトを作りましょう!」ということ。

しかしなにぶん抽象的すぎて、結局どうすればいいのか分からないと思われる方もいるでしょう。

そこでこの内容に合わせて、企業WEB担当者さんが自分で出来る施策を、具体的にお伝えしたいと思います。

 

関連する言葉(キーワード)をいろいろと織り込む。

そもそもキーワードが無ければ…

たとえばトイレのリフォームについて調べたいと思った時、多くの人は

「トイレ リフォーム」

と検索するでしょう。
その時、検索結果に表示されるのは「トイレ」「リフォーム」についての記述があるホームページです。

しかし!
そもそも「トイレ」「リフォーム」という単語が入っていないページは表示されません。当然ですね。

トイレのリフォームを扱う業者さんであれば、サービスメニューである「トイレ」「リフォーム」という言葉は必ず入っていることでしょうから、こんな分かりやすいキーワードで表示されないというようなことはないかもしれません。

しかし、あまりにもたくさんの業者が「トイレ」「リフォーム」に関するページを持っているので、自分のサイトがいったい検索結果の何ページ目に表示されているのやら、全然見つからない可能性はありますね。特に大手の業者さんが上位にいたらとても太刀打ちできないかもしれません。

 

本当にそのキーワードで検索してる?

では、トイレのリフォームを考えている人は、必ず「トイレ リフォーム」で検索するでしょうか。

リフォームを念頭に置きながらも、場合によっては「トイレ 水漏れ」で検索するかもしれませんし「トイレ 流れにくい」で検索するかもしれません。

「トイレ 臭いがとれない」と悩んでインターネットにヒントを見つけようとすることもあるでしょうし、無垢の木材で出来た壁のトイレにあこがれて「トイレ 壁 無垢材」で調べる人がいるかもしれません。

トイレ

人は、「まさかこんなキーワードで?」と思うようなキーワードで検索しているのです。

けれど、「トイレ」と「無垢材の壁」に関する記述がないページは、「トイレ 壁 無垢材」の検索結果に表示されることはありません。

 

自社サービス・商品に関連するうんちくを語ろう!

内装を無垢材で仕上げたトイレの施工例など、あまり一般的ではありませんが、この写真のようなトイレがあるということは、壁を無垢材で仕上げたいというニーズがあったということです。(ちなみにこの写真は足成さんからお借りしました

トイレについての色々な情報を掲載していると、このような「ニッチ」なキーワードで、検索結果の上位に躍り出ることも案外難しくはありません。

(ニッチ…語源は生物学とも建築用語とも言われていますが、潜在的な需要があってもカバーされていない隙間という意味のマーケティング用語として使われています)

そのような細かいニーズを拾うために、さまざまなキーワードがサイト内に散らばっている状態が好ましいのです。そして、そのような状態をつくるには、「日々のブログでトイレに関する情報を発信する」という正攻法が非常に有効です。

これはもちろんトイレに限らず、全ての商品・サービスに当てはまることです。

ぜひブログで、自社のサービスや取扱い商品、またその周辺にまつわる色々なうんちくを語り尽くしましょう。

 

あくまでも関連するキーワードで

ところで、「色々なキーワードを織り込めばいいのなら、毎日の夕食のことをブログで語ってもいいよね?いろんなキーワードが入るよね?」と思う人がいるかもしれません。しかし、それはあまりおすすめできません。

なぜなら、「専門性」が薄れるから。

たとえばトイレ工事を頼む工務店をさがしているとします。そのとき、夕食について詳しく語る工務店さんを専門家として信頼するでしょうか?私なら、トイレ工事について詳しく語っている工務店さんを信頼します。

Googleのロボットはとても賢く、そのホームページが何について書かれているかをよく理解しています。そしてそのページの専門性を評価しています。

トイレについて詳しく書かれていればいるほど、トイレ関連の検索結果で優位な位置に表示されるようになるのです。

 

ホームページ内のリンクを適切に設置し、情報に応じてページの行き来がしやすい動線を作る

検索エンジンは、ホームページ全体のリンク構造や、内部リンクの充実も評価対象としていると言われています。

もともとサイトを構築した時に適切なリンクが設置されているはずですが、上下の階層だけでなく関連する情報に素早くアクセスできるよう、適切にリンクを設置していくことが推奨されています。

たとえばこの記事の冒頭に前回の【企業ブログの書き方 第2回】検索エンジンとSEOを知っておく(超初心者向け)という記事へのリンクを設置しました。

これならユーザーが前回の記事を参照したいと思った時に、クリックひとつで該当のページを見に行くことができますね。このような親切設計をGoogleは評価すると言われています。

ブログの記事に関連する情報の参照や、過去記事へのリンクを設置することが、自然に内部リンクを充実させることにつながります。

 

他のホームページからのリンクを得られる内容にする

他からリンクされるのは魅力あるページの証拠

役に立つ内容のページなら、多くの人が自分のホームページなどでリンク付きで紹介するに違いない。

↓↓↓↓↓

他のホームページからのリンク(被リンク)が多いサイトには価値がある!

というような評価もあります。

実際に、「この情報は、ここのホームページを参考にさせてもらいました」というようにリンク付きで紹介されているページを見かけることがあるでしょう。

また、「役に立つ」「面白い」などと思ったページはツイッターやフェイスブックなどで紹介されたりしますね。それを見て「役に立つ」「面白い」などと思ってもらえたら、さらにはてなブックマークや個人のサイトで紹介してもらえるかもしれません。

他のホームページからのリンクが多いということは、魅力のあるページであることは間違いありません。

 

ズルはダメ!絶対!

ところで、数年前までは、この「他のホームページからのリンク」(被リンク)が非常に強い効力を持っていました。

そのため、中身の無いブログやホームページを大量に作ってそこからのリンクを付けまくるという自作自演が横行して、本当に価値があるページではなく、お金をたくさんかけてリンクを大量につけたページが検索の上位に並ぶという状況になっていました。

しかし、ある時期を境にGoogleの判断基準が大きく変わったのです。

なんとGoogleは、内容のないホームページからの自作自演のリンクを見破るようになりました。質の低いホームページから不自然な被リンクがあるホームページはことごとくペナルティを受け、検索結果から消えて行きました。

そして今は、本来の「魅力があるからリンクがついている」ようなホームページがちゃんと評価されるようになっています。

役に立つコンテンツなら、知らない間に引用されたり紹介されたりと被リンクは増えていきます。間違っても自作自演でリンクを付けようなどと思わず、魅力のある内容のページを作るように頭をひねりましょう。

 

SEOは一日にしてならず、です。地道に頑張って行きましょう。

-SEO, ブログの書き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パンケーキ

【企業ブログの書き方 第4回】食レポ記事をダメ記事にしない5つのステップ

この夏流行したふわっふわのかき氷がめっちゃ食べたい!と思いながらも叶うことなく秋を迎えたまねきねこです。 さて、今回の話題は「企業ブログに食レポ記事を書くことが本当にいけないのか」そして「食レポ記事を …

【企業ブログの書き方 第2回】検索エンジンとSEOを知っておく(超初心者向け)

前回、【企業ブログの書き方 第1回】企業ブログの持つ目的はという記事を書いてから、ずいぶん日が経って冷や汗をかいているまねきねこです。 超初心者向けに、検索エンジンやSEOについてたいへん基礎的なとこ …

ブログを書く

【企業ブログの書き方 第1回】企業ブログの持つ目的は

勤め先の人員の移動が激しく、付いていけなくなっているまねきねこです。 振られた仕事量がハンパなくなってしまい、せめてブログ書きだけでも誰かに手伝ってほしいと泣きついたところOKが出て、WEB初心者の女 …

セミナー講師中

悩んでる人必見!「会社・店舗のブログの書き方」勉強会

このたび、ならいろ勉強会にて「会社・店舗ブログの書き方」についてお話をさせていただくことになりました! ※過去のならいろの勉強会のレビューなど ならいろ勉強会レポート|CPIの西村さんのお話(前編) …

変なところで改行される

スマホで見ると変なところで改行されるのはなぜ?ブログ本文のレイアウトで陥る罠

中小企業診断士試験が終わって、お待ちいただいていたサイト運営についてのご相談やら質問やらの回答に追われているまねきねこです。 最近業務上に必要に迫られてブログを始めたという似た環境の方から、同時に同じ …