WEBまねきねこ

ホームページをどうすればいいのか分からない中小零細企業のサイト運営を応援するブログ。中小企業診断士に挑戦中3週目。

ブログの書き方

【企業ブログの書き方 第2回】検索エンジンとSEOを知っておく(超初心者向け)

投稿日:

前回、【企業ブログの書き方 第1回】企業ブログの持つ目的はという記事を書いてから、ずいぶん日が経って冷や汗をかいているまねきねこです。

超初心者向けに、検索エンジンやSEOについてたいへん基礎的なところをかみ砕いて書いてみました。いきなり企業のブログ担当に抜擢されて(押し付けられて?)しまったホームページ&ブログ担当さんのための記事です。

SEOのt知識をお持ちの方には何のお役にも立たないと思いますのでスルー推奨です。無駄なお時間は使われませんように。

検索エンジンとは

「検索エンジン」という言葉を聞いたことがない方でも、「Google」や「Yahoo!」と言う名前なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

「Google」でも「Yahoo!」でも、調べたい言葉を入力して、「検索」ボタンを押すと、その言葉や、関連する内容に関して記載されたページが一覧になって表示されますね。
それが「検索エンジン」です。
インターネットを利用する上では、なくてはならない存在となっています。

 

Google検索結果
Google検索結果

Yahoo検索結果
Yahoo検索結果

検索エンジン(けんさくエンジン、英語: search engine)は、狭義にはインターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラム。

検索エンジン – Wikipedia

今や、「検索エンジンと言えば『Google』」といっても過言ではない状況となっています。

しかし過去には「検索エンジンと言えば『Yahoo!』」と言ってもいいくらい、日本国内の検索のシェアは「Yahoo!JAPAN」が独占していた時期がありました。(インターネットのことを「Yahoo」だと思っている人がいたくらいです。)

その後、「MSN」「Exicite」「infoseek」「goo」「BIGLOBE」など、さまざまな検索エンジンを冠にしたポータルサイトが現れてきました。そしてその中に「Google」もありました。

「Yahoo!JAPAN」が「Google」の検索ロボット(検索する仕組み)を採用したころから日本国内でも認識されるようになり、近年ではAndroidのスマートフォンに「Google」が採用され、多くの人に認知されるようになりました。
「OK、グーグル」とスマホに話しかけるテレビコマーシャルをご覧になった方も多いでしょう。

実質的に「検索エンジンと言えば『Google』」という状況になっていますので、ここからは「検索エンジン」について、主に「Google」を主眼にお話ししていきたいと思います。

Google

 

自社のホームページを見てもらうには検索エンジンを味方に

ところで、インターネットに散らばる何千、何万のホームページの中から自社ホームページを見つけてもらうには、どうすればよいでしょうか。

ホームページへのアクセスは、主に次のような経路が考えられます。

検索エンジンの検索結果から、自社のホームページをクリックしてもらう

インターネットを使ったことのある人なら一度は経験しているでしょう。何かを知りたいと思った時、何かを探している時には多くの人がこのようにしてどこかのホームページを訪れています。

どこかのホームページで紹介されている自社のホームページへのリンクをクリックしてもらう。

もし、あなたのホームページに何か役に立つことや、人に紹介したいことが書かれていたとしたら、どこかで「このページを参考にしました」「このページ面白い」と言うように、どこかのホームページやSNSなどで紹介されているかもしれません。そのリンクをたどって訪れる人もいるでしょう。

チラシや名刺などに書いてあるURL(ホームページアドレス)を、ブラウザのアドレスバーに入力してもらう。

チラシを見て、「どうしてもこの会社の情報が見たい!」と思ったら、もしかしたらURLを入力することがある…かもしれません。まあ、私はほとんどしたことがありませんけれど。なかなかハードルが高いですね。
四角いバーコード(QRコード)が載っていれば、スマホで読み取って直接ホームページを見に行くことは無くもないかもしれません。

※多くの人がそう考えるので、多くの企業では「『○○○○○』で検索!」と最初に挙げた検索エンジン経由でアクセスしてもらえるように工夫しています。

これらのことを考えると、検索エンジンの役割がいかに重要かがおわかり頂けるでしょうか。
ホームページで集客したいと思ったら、まずは検索エンジンを味方につける必要があるのです。

 

SEO(検索エンジン最適化とは)

少しホームページの集客・アクセスアップなどについて調べたことのある人なら、どこかで「SEO」という言葉を目にされていることでしょう。

ごく簡単に言うと、「検索エンジンに評価され、出来るだけ上位に表示してもらうための施策」のことです。

どうして出来るだけ上位に表示してもらわなければいけないかというと、多くの人は検索結果の一番最初のページの、最初に目についたページのタイトルをクリックするからです。

最初のページに探していた内容のページが見当たらないときには2ページ目、3ページ目と移動していくかもしれませんが、多くの場合は1ページ目で事足りてしまいます。
できるだけ検索結果の最初の方に位置していなければ他のホームページにアクセスを奪い取られてしまいます。

ですから、ホームページを持つ誰もがしのぎを削って検索結果の上位になるための対策をしているのです。

 

SEOは難しい?プロに任せなくては無理?

検索エンジンとは、星の数ほどあるホームページの中から、入力されたキーワードに合った内容のホームページを探し出すプログラムです。
プログラムに対応するには、やはり難しいプログラムが必要なのでしょうか。また、あまたの企業がしのぎを削る上位争奪戦に、素人が太刀打ちできるものなのでしょうか。

私たち人間は、ブラウザに映し出された画面でホームページを認識します。
けれど、検索エンジンはプログラムなので、そのホームページのプログラムコードを読み取って認識します。

プログラムコード

そのプログラムコードが適切でないために、検索エンジンがそのホームページの内容を正しく理解できずに低い評価を付けてしまうことがあるようです。

ですからホームページを制作する際には、きちんとした構造になるよう、SEOに関しても正しい知識をもった制作業者を選ぶ必要があるでしょう。

 

しかし、SEOはそれだけではありません。

Googleがサイトの価値を判断するためにいくつかの基準を設けています。

その基準に合わせて、自分で出来るたいへん重要な施作がいくつかあります。
それらをしっかり行えば、プロに依頼しなくても、やった分だけの成果をあげることができるはずです。

次回は、企業ブログを書く立場になってしまった超初心者の方のために、自分で出来る、googleの判断基準に合わせた重要な施策をお伝えしようと思います。

-ブログの書き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セミナー講師中

悩んでる人必見!「会社・店舗のブログの書き方」勉強会

このたび、ならいろ勉強会にて「会社・店舗ブログの書き方」についてお話をさせていただくことになりました! ※過去のならいろの勉強会のレビューなど ならいろ勉強会レポート|CPIの西村さんのお話(前編) …

【企業ブログの書き方 第3回】自分で出来るSEO・重要な3つの施策

前回は、【企業ブログの書き方 第2回】検索エンジンとSEOを知っておく(超初心者向け)という記事を書きました。 今回はその続きです。いきなり企業のブログ担当に抜擢されてしまった、超初心者ホームページ& …

パンケーキ

【企業ブログの書き方 第4回】食レポ記事をダメ記事にしない5つのステップ

この夏流行したふわっふわのかき氷がめっちゃ食べたい!と思いながらも叶うことなく秋を迎えたまねきねこです。 さて、今回の話題は「企業ブログに食レポ記事を書くことが本当にいけないのか」そして「食レポ記事を …

変なところで改行される

スマホで見ると変なところで改行されるのはなぜ?ブログ本文のレイアウトで陥る罠

中小企業診断士試験が終わって、お待ちいただいていたサイト運営についてのご相談やら質問やらの回答に追われているまねきねこです。 最近業務上に必要に迫られてブログを始めたという似た環境の方から、同時に同じ …

ブログを書く

【企業ブログの書き方 第1回】企業ブログの持つ目的は

勤め先の人員の移動が激しく、付いていけなくなっているまねきねこです。 振られた仕事量がハンパなくなってしまい、せめてブログ書きだけでも誰かに手伝ってほしいと泣きついたところOKが出て、WEB初心者の女 …