WEBまねきねこ

ホームページをどうすればいいのか分からない中小零細企業のサイト運営を応援するブログ。中小企業診断士に挑戦中3週目。

雑記

仕事や働くということに何を望むのか

投稿日:2015年3月26日 更新日:

AL0012-inemurikaigi20140722500-thumb-1216x800-5273

最近、働くということに関して色々と考えさせられた出来事が矢継ぎ早に起こり、なんだか暴飲暴食が止まらないまねきねこです。もうね、ポテチとアーモンドチョコをまとめて平らげたあとに普通に食事取ったりとかね。ヤバイ。

自分は何のために働いているのか

何のために働いているのかと問われると、まず最初にはやはり「家族のため」とか「食べていくため」「お金のため」なんて言葉が心に浮かぶ。

「じゃあ、あなたが仕事に求めるものはお金ですか?やりがいよりも?」

と聞かれると困る。だって、それって両輪だと思うから。家族がいると自分のやりがいだけを追い求めることなんてできないよね。

それにしても、そもそも「やりがいのある仕事」ってなんだろう。自分が仕事に求めているものは何だろう。難しい仕事にチャレンジすること?夢中になれる仕事?

 

企業は人材力、とかいうけど

一方、働く人を束ねている「会社」にとって、ぶっちゃけ人材なんてコマの一つだ。
企業は人材力、なんて言われたりするけれど、誰かの代わりなどいくらでもいる世界。

ひとり抜けたからと言って大騒ぎすることもない。どうにでもなるのだ。

まわりの人たちに多少しわ寄せが行ったり、今までは出来ていた業務がちょっとおろそかになってしまって「困るよね」なんて言ったりするだけの話。
ダイヤモンドゲームみたいにいろんな色のコマを右や左にぴょんぴょん動かしているうちにちょうどいい感じになってきて、何事も無かったかのように進んでいく。

何とかなる、のだ。それがBESTでなかったとしても。
会社で働く人なんて誰でもいい。あなたでなくても、私でなくても。

場合によってはそれが有難いことだってある。
たとえば自分が病気になった時とか、家族に病人を抱えている時だとかね。

 

毎日楽しく働きたい

だけど、人はやはり認められたい欲求があると思うんだ。
マズローさんだってそう言ってるじゃないか。

マズローの欲求段階

社員が「所詮自分はコマの一つだ」なんて本気で思っている会社がろくな会社であるはずがない。

少なくとも私は、自分が代わりのきくコマの一つであることには満足できない。
自分の能力が認められればテンションは上がるし、褒められれば調子に乗って張り切るに決まっている。

以前にこんなエントリを書いたこともある。

声をかける。数字の違いはただそれだけのことかもしれない

彼女自身は事務職出身ということもあり、企画においても商品知識においても他の部門担当者よりも劣るはずでした。その彼女が良い成績を上げられたのは、ひたすら営業さんの日々の活動に気を配り、声をかけ続けたおかげだと思うのです。

声をかけられる、ということは「自分は気にかけられている、認められている」ということに他なりません。

よく、「人には承認欲求がある」と言われています。つまり、子供だろうが大人だろうがオジサンだろうがオバサンだろうが、人はみんな「かまってちゃん」なのです。声をかける、気にかけるということが、まさにその欲求を満たしてあげることになったのでしょう。

つまり、私じゃなくともたいていの人はそうってことなんじゃないかな。

一般的な社会人は、一日の大半を仕事をして過ごす。
別に「やりがい」を求めて働いているわけじゃなくても、お金のために割り切って好きでもない仕事をしているのだとしても、評価をされて認められればきっと毎日が楽しい。

 

お金というキーワード

評価をされること、認められること、という側面において、私の中で大きな意味を持つキーワードは「お金」だ。
「お金」というキーワードは2つの「評価」を意味している。

その一つはもちろん「報酬」という意味だ。
会社にとって、雇い主にとって、クライアントにとって、「あなたにはこれだけお支払いする価値がありますよ」という評価は、とても分かりやすく、現実的で、正直。
そしてもう一つ、成果物に対して「お金が動く」という評価でもある。

自分が構成したチラシや、自分の発信しているウェブサイトに影響されて、見ず知らずの誰かが自分の大切な「お金」を使ってくれる。

その「売上」こそが、ダイレクトに私の力量へ下される評価だ。時に思惑通りで、時に意外性に満ちていて、恐ろしくシビアな世界。だから私は広告が好きでたまらない。そんなに大きな仕事をやってきたわけではないけれど、若い時にレンタルビデオ屋で手書きPOPを描いていたころからその想いは変わらない。

いずれにしても、私はやはり評価を得たくてたまらないというわけだ。

 

仕事に対して望むこと

話は戻って何のために働いているのかと問われると、まず最初にはやはり「家族のため」とか「お金(報酬)のため」とかいう言葉が心に浮かんで来る。
でも、いままで書いてきたように「評価」が大きなウエイトを占めていたり、人は働くことに対して色々なことを望んでいる。

それぞれの要求のウエイトは人によって少しずつ違うのかもしれないけれど、全ての要素が必要で、どれが欠けていてもきっとうまく回らなかったり、不満が溜まったり、いろんなことが嫌になったりする。

「あなたが仕事に求めるものは?」という問いの答えは「色々な要素がバランスよく満たされた状態で働けること」という気がしてきた。

まあ、欲張りなんだろうね。

-雑記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WEB業界でお仕事をしていくために大切なこと

昨日、有限会社アンシャンテの安村さんとWEBトーク兼お食事をご一緒させていただきました。安村さんは、奈良にこだわりWEBのお仕事を通じたコミュニティを主催されている素敵なお姉様です。 奈良西大寺を拠点 …

デジタル中心の時代とアナログ回帰

もう暮れも押し迫った30日になっているにもかかわらず、年賀状を出す人のリストアップもできていないまねきねこです。 1 本当に最近の若い人は年賀状を出さないの?2 ところで世の中は本当にネットの世の中に …

輪

人とのご縁、繋がり、人脈の話

会社勤めをしているだけなら「私」個人の人脈などたいして必要ではありませんでした。もともと誰彼かまわずお友達を増やしたいというタイプの人間ではないこともあり、私の人脈は非常に乏しいものでした。 ところが …

初めてフリーランスの仕事として請け負ってみようと思う。

1 なんちゃってコンサルティングのご縁2 無償でのお手伝いだからという甘え3 というわけでなんちゃって卒業します。 なんちゃってコンサルティングのご縁 私はいくつかのサイトを無償でお手伝いさせて頂いて …

Webピザ会

自分の仕事の方向性を確信した話(※超チラ裏)

昨日、ウェブランチセミナーという集まりに参加してきた。 ちょっとしたセミナーとその後はWEB系のお仕事の方々でピザ囲んで交流会という集まりだ。 そもそもの発祥が、「どこかにデザイナーさんいない?」「コ …